異議申立をする場合

自動車事故等を起こして自賠責保険が支払われなかった場合、もしくは支払われたとしても支払われた金額、期間に納得できないときにまずやらなければいけないことが損害保険会社に問い合わせることですが、それでも解決しない場合は異議申立を実行するという手段があります。これは後遺障害等級認定がされなかったことに不服とした場合も同様です。異議申し立てには様々な必要書類が必要となってきます。
まず第一に交通事故証明書というものでこれは自動車安全センターから入手できるもので、保険会社からコピーを受け取ることもできます。次に経過診断書です。単に診断書といわれる場合もあり、これには一ヵ月後とにどういう治療を受けたかということが事細かに記載されている書類で、同じく保険会社へ申し出ることでコピーがもらえます。似たようなものに月ごとの治療の内訳を記載された書類である診断報酬明細書というものがあり、これも必要です。同じく保険会社からコピーがもらえます。
後遺障害等級認定に異議申し立てをする場合には後遺障害診断書と後遺障害等級認定票なども必要になってきます。後遺障害診断書というのは検査結果や症状固定時の状態が、後遺障害等級認定票には後遺障害の可否の理由が記載されたものです。

コメントは受け付けていません。