泣き寝入りしないための方法

自分の意思と関係ない事が起きることは良くあります。その中でも事故として大きく取り上げられることとして交通事故があります。被害者として事故に関わった場合加害者が見つかれば、怒りの矛先がそこに向くことで怒りを鎮める事ができますが、犯人がわからない場合、また、ひき逃げあや当て逃げなどでは泣き寝入りしないすることもしばしばあります。人の命にかかわることであれば警察も懸命に捜査をしてくれるのですが、残念ながらそのままになってしまうケースも少なからずあるのです。そのため、逃げ得を許さない方法として、必ず事故を起こしたことを警察に連絡することです。時には、加害者がいた場合であっても、示談でその場を収めようとするタイプの人もいます。長期間にわたって、事故の詳細やら、聞き取り調査やらに時間を割かれるわずらわしさから、その場で首を縦に振ってしまう事もあります。また若い子に多いのですが、交通事故ということに気が動転して冷静な判断ができなくなることもあり、相手の誘導に乗ってしまい取り返しのつかない状況も生まれます。日頃から避難訓練のように、万が一交通事故にあった場合どうすればいいかを家族で話し合う事が重要と言えます。

コメントは受け付けていません。